トランスミッションの設定

スポンサーリンク

トランスミッションのモードでモード変更について説明しましたが、トランスミッションにはほかにも設定があります。

・クラッチアシスト

・スロットルアシスト

・ギアボックス安全支援

です。

この三つは 設定→ゲームプレイ

より変更できます。

クラッチアシストはマニュアルトランスミッション使用時のクラッチ操作を不要とするモードです。本来シフト時にはクラッチを切断し動力を切り離さないと円滑なシフトができなかったりエンストする場合がありますが、ゲーム側でその操作を適宜行うものになります。

スロットルアシストはシフト操作時の回転数を調整するものです。

所謂ヒールアンドトゥーの操作をゲーム内で行うものになります。

最後にギアボックス安全支援です。

これは自分の行ったシフト操作がエンジンの最大回転数を超えるような操作になる場合にシフト操作をゲーム側で取り消すものです。

エンジンには最大回転数(レブリミット)があり、それを超えてしまうとエンジンが破損します。(例えば4速200km/h走行中に1速に入れるなど)

ギアボックス安全支援が作動すると画面中央に警告が表示され操作がキャンセルされます。

自分の好みに応じて設定を行ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする